黒岩歯科医院 PAGE TOP
  • HOME
  • link
  • 入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)とは

一度歯が抜けてしまうと二度とそこから歯が生えてくることはありません。
歯が無くなってしまい口の中に隙間があいている状態では残っている歯の歯並びが悪くなってしまったり、物がしっかりと噛めず不便を感じるようになります。
この失った歯の代わりを務めるのがインプラントや入れ歯(義歯)になり、両方とも歯の代わりをする事に違いはありませんが、どちらにしようか悩まれる方が多くいらっしゃいます。

インプラントは咀嚼(そしゃく)効果がとてもよく、また審美的にも優れています。
そのため最近ではインプラントを選ぶ方も増えてきましたが、インプラント治療には手術が必要なため、手術が怖いと思われる方や年齢に伴う骨吸収を起こしているために手術が難しくなっている方もいます。

入れ歯(義歯)はインプラントに比べ咀嚼(そしゃく)効果、審美的にも劣りますが手術を必要とせず簡単に導入することができます。
またインプラントではメンテナンスや修理が難しいのですが、入れ歯(義歯)は簡単にメンテナンスや修理を行うことができます。

どちらを選択してもお口の中での不便さは改善されるのですが、どちらにしようかお悩みであれば一度ご相談ください。
入れ歯(義歯)であれば当院で治療を行い、インプラントを希望される場合は東京医科歯科大学インプラント科塩田助教授に紹介し診てもらっています。

入れ歯(義歯)の治療方法

・歯が抜けてしまったところの処置
欠損歯数が少なくて前後の歯がしっかりしている場合は前後の歯と連結して固定式(ブリッジ)でかぶせることができます。ブリッジの場合、自分の歯を土台とするため自分の歯で食べ物を食べている感じになります。
それ以外の場合には取り外し式の入れ歯(着脱式義歯)になります。

入れ歯一例

コバルトクロム床 コバルトクロム床の特徴は、入れ歯(特に上あご)が薄く装着感がよく、舌も動きやすく発音しやすい。
また強靭で、破損しにくく変形やたわみが少ない。
それに加えて汚れにくく清潔で粘膜の炎症や口臭などの問題がおこりにくい事です。

入れ歯(義歯)とは

黒岩歯科医院は、医院内に歯科技工士が常時勤務しております。歯科技工士がいることで、質の高い歯の「詰め物」「被せ物」など、短時間で対応でき、患者様にも喜んでいただいております。また、緊急の「入れ歯」修理にも対応しており、場合によっては即日対応できる場合もございます。歯科技工士が直接お客様のお口の中を見て、色合いや適合を調整できますので、より自然な見た目と噛み心地を提供させていただいております。

【歯科技工士が院内に常駐しているメリット】
○オーダーメイドで技工物の制作が可能です。
保険外の前歯を治療する際に、歯科技工士が、直接、患者様の歯の状態を確認致します。その際、微妙な色の違いや、形(歯の長さや曲線の角度など)を確認し、制作を行いますので、患者様お一人おひとりにあった歯の技工物が仕上がります。
○歯科医師と歯科技工士との直接連携
歯科医師と歯科技工士が直接、綿密な打ち合わせを行った上で、入れ歯などの歯の技工物を作成しますので、患者様の細かいご要望や歯の特徴などが歯科技工士に伝わりやすいです。
○入れ歯の修理など短時間で対応出来ます。
歯の技工物(入れ歯など)が、歯科技工士が常駐していない一般の歯科より、短時間で行えます。緊急の入れ歯の修理など、場合によっては、即日対応出来る場合もございます。

pagetop